読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダウニーJKの香り

会社員の会社員による誰のためにもならないくそ日記

ぼっち

普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか 特に壁を感じる 。

俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで 全然動き出さないけど他の誰かが「行くか」って言うと動き出す。

俺がいなくても何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると そいつに連絡取ったり待ったりする。

俺以外の奴が財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、俺が靴ひも結んでたりしてても完全無視でみんな先に行く。

どの食堂に行くかという話で俺の案は採用されない 。
食べ始めるのはみんなが席につくまで待つのが基本だけど、俺が最後のときは みんな既に食べ始めている。

食後、普通は食器を全員が片付けるのを待ってから食堂を出るのだが、 俺が最後のときはみんな先に帰り始めている。

横に並んで歩いている時、俺の両隣りが徐々に迫ってきて遂には俺は後ろへ 追いやられて、みんなの後ろをトボトボ歩く羽目になる。

誰かが購買に寄るとみんなついていくが、俺が行くときは誰もついてこない 。

これらの行為は作為的なものではなく、無意識なものだと思う 。

みんなが特に俺への接し方に差をつけてるのではなく、ただ俺の存在や影響力が 薄すぎるだけなのだろう。

たぶん、俺だけこんな空気な扱いになってることにも気付いてない気がする。

みんなのことは憎くないけど、自分の不甲斐無さが憎い 。 こういうことが続くと、一人が楽だなーって思う。